スタイルアップの秘密公開中
ヘアスタイル

正しいシャンプーの方法知ってる?顔のたるみの原因が意外なところに

正しいシャンプーの方法知ってる?顔のたるみの原因が意外なところに
プーちゃん
プーちゃん
ワタシ、毎日シャンプーの時はゴシゴシしっかり洗ってるから大丈夫かも♪
モコたん
モコたん
ちょっと待って!力任せにゴシゴシ洗ってない?それはかえって皮膚を傷つけてたるみの原因になっちゃうよ。

日々お手入れを続けることによって、お肌を美しく保つスキンケア。

いつものスキンケア、お顔だけに化粧水をつけて満足していませんか?

実はたるみ予防のために、頭皮もしっかりケアしてあげることが大切なんです!

正しいシャンプー方法でたるみを撃退しましょう。

顔のたるみの意外な“落とし穴”

「最近、若干顔がたるんできた・・?!」そう感じ始めているあなたは

もしかして頭皮がたるんでいるのかもしれません。

顔のたるみの意外な落とし穴

顔は化粧水や乳液でケアしているけど、頭皮のケアは行っていますか?

皮膚でつながっている頭皮のケアを忘れていると、

顔のたるみの素になってしまいます。

美しい頭皮を手に入れる秘訣は、

日々の「シャンプーの方法」が重要なんだそうです!

実は「顔と頭皮は同じ皮膚」なんです!

「顔と頭皮は同じ一枚の皮(皮膚)で繋がっている」と

いうことは意外と知られていません。

頭皮が伸びてたるむと顔もたるむと言われているように、

お互い作用しあう関係にあります。

ですので、顔だけではなく頭皮のケアも大事になってきます。

逆に頭皮もしっかりケアをするとリフトアップに繋がってくるということです。

では頭皮のケアは何を行ったら良いのでしょうか?

頭皮がたるむ理由

頭皮がたるむ理由は老化以外にもいくつがあります。

●老化によるハリや筋力の低下
●重力や血行不良
●乾燥
●不健康な生活習慣

頭皮がたるむ理由

頭皮がたるむ原因は、顔がたるむ原因とほぼ同じです。

それは頭皮と顔が同じ皮で繋がっているからなんですね。

顔と同じように頭皮のケアも丹念に行えば、頭皮からリフトアップケアも可能です。

頭皮ケアはお風呂で行うことが効果的でより期待できます。

髪を洗いながらマッサージを行うことで、血行が促進し頭皮にもハリがでてくるでしょう。

ここから美しい頭皮にする正しいシャンプーの方法ご紹介していきます。

美しい頭皮にする正しいシャンプー方法

頭皮に汚れが蓄積していると、ベタつきやフケ、嫌な匂いの原因にもなります。

その汚れが詰まって酷くなると抜け毛に繋がることも…。

正しいシャンプー方法で美しい髪と頭皮を保ちましょう。

Step 1:シャンプー前にブラッシング

正しいシャンプーの仕方_ブラッシング

生活している上で付着したホコリなどの汚れをブラッシングで取り除きます。

ブラッシングを行うことでシャンプーで髪の毛が絡まることを防ぎ泡立ちもよくなります。

とても大切な工程になるので必ず行いましょう。

また、ブラシの種類は目の粗いブラシがおすすめです。

クッション性のあるものは頭皮へのマッサージ効果も期待できますよ♪

Step 2:38度前後のお湯で予洗い

シャンプーの正しい方法 予洗い

ブラッシングで取り除けなかったさらに細かいホコリ等をお湯で優しく洗い流しましょう。

この予洗いで頭皮の汚れは8割落とすことができるので、

地肌の汚れを流すことを意識し、マッサージするように指の腹でしっかり洗いましょう。

また、流す際はお湯が熱すぎると必要な油分まで流してしまうので、

38度前後のぬるま湯で丁寧に流しましょう。

●時間をかけて丁寧に
予洗いは髪の毛を濡らす行為ではありません。2分ほど時間をかけて頭皮をマッサージするように洗いましょう。

●頭皮までお湯が届くように
予洗いのポイントは頭皮を洗うことです。髪を濡らすだけではなく、髪をかき揚げならが頭皮を洗いましょう。後のシャンプー泡立ちも良くなり、汚れの落ちが変わってきます。

 

Step 3:指全体で頭皮を揉むようにシャンプー

正しいシャンプー

シャンプーを手に取ったら、一度手のひらで泡を立てます

“しっかり濡れた頭皮+手でしっかり泡立てられたシャンプー”の

二つがあってシャンプーの時にしっかり泡が立ってきます。

頭皮を洗うときは、髪でシャンプーを泡立てるように行いましょう。

泡で髪を包んであげて摩擦のダメージを極力減らし、下から上に揉むように♪

●すすぐ時は上からシャワーがGOOD
すすぐ際は上を向いておでこあたりからシャワーを浴びましょう。
重力に逆らってリフトアップにも繋がるのでオススメです。

正しいシャンプー_すすぐ

 

Step 4:タオルドライをしっかりと

タオルドライをしっかりしてドライヤーの時間を短縮!

くれぐれも髪の毛同士をゴシゴシするのではなく頭皮をタオルドライしましょう。

タオルドライ

ドライヤーの時間を短縮することで髪に対する負担も軽減されるんです。

タオルドライをした後に、お気に入りのヘアオイルを毛先につけ

頭皮全体を軽くマッサージするとよりリラックスできると思います。

ポイントを抑えて頭皮を優しくケア

ポイントを抑えて頭皮を優しくケア

シャンプーは髪を洗うためではなく“頭皮をマッサージするため”と

いうことを意識して行いましょう。

頭皮も顔の一部なので、ケアすることが大切なのです。

正しいシャンプー方法で頭皮をケアし美しいお肌を手に入れませんか?