スタイルアップの秘密公開中
美容

美容効果がヤバいって知ってた!?野菜の王様「ケール」で美しく!

海外セレブや美容家、モデルなど、美容のプロから絶大な人気を誇る食材ケール

食材としてはあまり馴染みがないものかもしれませんが、青汁の原料としては誰もが知っていますよね。

これから野菜の中でも栄養価が高く、とってもおすすめのケールの効果・効能レシピをご紹介します。

ケールってどんな野菜?

ケール(アブラナ科)はキャベツの一種で、普通のキャベツは結球します。

ケールは不結球性で、一年中栽培できる生命力の非常に強い緑黄野菜です。

栄養価が高く、一年中栽培できることから青汁の原料として使われるようになりました。

ケールの栄養素

ケールには身体にいい栄養素が11種類も含まれています!

1.乾燥肌にうれしいビタミンA

→人参の約2倍!

2.アンチエイジング効果が期待できるビタミンE

→栄養価の高いブロッコリー同等

3.美白効果大のビタミンC

→みかんの2.5倍

4.美肌、アトピーにも効くビオチン

5.美肌効果大のビタミンB類

→ビタミンB6はもやしの8倍

6.必須ミネラル類(亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、カリウム、リン)

→鉄分は人参の4倍以上

7.美肌効果大のβ(ベータ)カロテン

→トマトの6倍

8.目にもいいルテイン

→緑黄色野菜の中でダントツの含有量

9.便秘解消効果がある食物繊維

→キャベツの3倍

10.骨粗しょう症にもきくビタミンK

→1カップで1日の必要量をカバー

11.アンチエイジング効果大のメラトニン

→青汁の原料の中でも数十倍の含有量

美容の味方!ケールの効果・効能

ケールの栄養素は、美肌、美白、アンチエイジングに働きかけるものが多く含まれているので、乾燥・シミ・くすみ・ニキビなどの肌トラブルに効果大です。

食物繊維はご存知の通り腸内環境を整えるのに必須です。

腸内環境が整うと、お通じがよくなるのでにきびや肌荒れが出来るのを未然に防げます。

さらに、身体が酸化するのを抑制する「SOD酵素」やビタミン類が豊富な為、

シワやシミなどを初めとした老化を食い止めアンチエイジングに繋がります。

【簡単・美味しい】ケールのレシピ

ケールといえばよく聞くのは青汁ですよね。

でも、青汁以外にもケールを美味しく食べられる料理がたくさんありますよ!

まずは・・・

ケールのツナ炒め

作り方
1 ケールは1cm幅ほどに切っておく。葉は少し細かく手でちぎる。
2 油を熱したフライパンでケールの茎部分をよく炒める。
3 柔らかくなってきたら葉、水を切ったツナを加えよく混ぜる。

ケールと豚肉のにんにく炒め

作り方

1  肉に醤油麹をまぶして置いておく(30分〜)

2  フライパンに油を熱し肉を炒め、色が変わったらケールを入れて炒める。(中火)

3  ケールがしんなりしたらにんにくとみりんを合わせたものを入れて炒めながらなじませ味を見て塩こしょうする。

ケールとスイートポテトとエビのスキレット

作り方

1.鍋にエキストラバージンオリーブオイルを入れ、中火にかけます。

2.玉葱と唐辛子のフレークを入れます。

3.玉葱が柔らかくなるまで炒めます。

4.にんにくを加え、30秒程炒めます。

5.スイートポテトを加え、柔らかくなるまで10〜15分炒め、必要なら途中で大さじ2〜3杯の水を加えます。

6.エビを入れ、火が通るまで炒め弱火にし、ケールを入れ炒めます。 7.塩、胡椒で味付けします。

ケールの魅力をたっぷりお届けしました♪

いかがでしたか?

どれも簡単に作れてケールは栄養分が凝縮されているためダイエット中にも最適!

生でサラダとしても、火を通しても美味しく食べれます。

もちろん果物と一緒にスムージーにするのもいいですね!

いろんな料理に使えるケール!ぜひ野菜の王様ケールで美肌を目指しましょう♡