スタイルアップの秘密公開中
健康

呼吸の仕方で顔が変わる?健康と美を手に入れる正しい呼吸方法とは

正しい呼吸方法
プーちゃん
プーちゃん
呼吸法なんて意識したことなかったけど、そんなに大事なの?
モコたん
モコたん
口で呼吸するか、鼻で呼吸するかで体への影響が全く違うんだよ!

気づかぬうちに口が開いていることはありませんか?

日本人のおよそ7割以上の人が口呼吸しているといわれていますが、

鼻呼吸と口呼吸では、実は天と地の差が出るほど健康・美容面で大きな違いがあるのです。

今まで呼吸に関して意識をしていなかった方も、

今日から正しい呼吸方法について学んで実践してみましょう。

あなたは口呼吸?それとも鼻呼吸?セルフチェック!

呼吸チェック

まずはあなたの普段の呼吸法についてチェックしましょう。

一つでも当てはまれば口呼吸の可能性があるので要注意です!

✔気が付くといつも口が開いている
✔唇がカサカサに乾燥している
✔口が乾きやすい
✔イビキをかきやすい
✔唇を閉じるとあごに“梅干”ができる
✔鏡を見ると、口が「へ」の字だ
✔風邪をひきやすい
✔朝起きた時喉がカラカラになる
✔口臭が気になる
✔唇の厚さが上下で著しく差がある
✔顎が鳴るときがある(かくっという音)

口呼吸はデメリットだらけ

口呼吸の場合、体に及ぼす悪影響などデメリットがたくさんあります。

その1.虫歯になりやすく口臭がきつくなる

口臭チェック

唾液は普段、口の中の細菌を殺菌したり洗い流したりする働きをしてくれているのですが、

口呼吸によって口の中が乾燥し、唾液が少なくなると唾液の本来の機能がうまく働かず

細菌が増え、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

また唾液による細菌の殺菌効果がなくなると、どんどん細菌が繁殖してしまい

きつい口臭にも繋がってしまいます。

その2.顔が歪み口回りをたるませる

顔たるみ

常に口呼吸の生活になってしまうと、顔面の筋肉や骨格の発育にも

悪影響がお読んでしまいます。

独特なお顔つきやかみ合わせを呈するようになります。

口呼吸だと表情筋も鍛えることができず、見た目の年齢に大きな影響を与えてしまい、

頬のたるみや口周りのたるみなど顔全体のたるみに繋がってしまいます…。

アデノイド顔貌とは? ー口呼吸が原因で起こる顔の変形ー

アデノイドとは鼻腔と喉の境目にあるリンパ組織のことで、この部分が大きいと口呼吸をしがちになってしまいます。一般的に幼少期の2〜5歳は大きくなって、その後は通常小さくなっていきます。しかし、アレルギーや風邪を頻繁に引くなどで鼻が詰まって口呼吸をしているとアデノイドの肥大が続きアデノイド顔貌へと変化してしまいます。またアデノイドが肥大しない場合でも、口呼吸が癖になっている場合、体が口呼吸に適応するように発達し、アデノイド顔貌へと変わっていきます。

アデノイド顔貌の特徴
・顔が長い
・二重アゴ、もしくは下あごが引っ込んで首との境目が曖昧になる
・下膨れ
・唇を閉めるとあごに梅干しのようなシワができる
・唇が分厚い
・鼻の下が長い
・出っ歯で歯並びがガタガタである
・鼻が小さく、鼻の穴が小さい

その3.ウイルスや菌がダイレクトに口に

口からウイルス侵入

体は外からのウイルスや菌の侵入を防ぐための構造に基本なっているのはご存知ですか?

眉毛やまつ毛は目を守るため、鼻毛は鼻を守るためですよね。

鼻に関しては鼻から空気を呼吸する際に、フィルターのように塵埃や微粒子を

からめ取ることで異物が気管支に入り込むことを防いでいます。

しかし、口呼吸の場合ダニやほこりなど有害物質をフィルターなしで

身体に取り込んでしまっていることになります。

その4.集中力に欠けやすい

集中力低下

鼻呼吸に比べて口呼吸の場合、体内や脳への酸素の取り込み量が少なくなります。

また、口呼吸の方は睡眠時無呼吸症候群を起こしている方が多いのですが、

睡眠時無呼吸症候群は睡眠が不十分となり、日中も眠く、

頭が働かない感覚があり、集中力に欠けてボーッとなりがちなのです。

鼻呼吸はメリットばかり

口呼吸は体に悪影響を及ぼすことが多い中、鼻呼吸はメリットがたくさん!

その1.代謝アップ!痩せやすい体質に

代謝アップ

鼻呼吸をするようになると体の隅々まで酸素が運ばれるようになります。

その結果、血液やリンパがスムーズに流れるようになるため、

むくみにくい体を手に入れることができます。

体全体の代謝が良くなるため、自然と痩せやすい体質へと変わっていきます。

その2.保水力アップで美肌効果

美肌

口呼吸をしていると口の中だけでなく体内の水分が外へと出ていってしまうため、

体の水分が不足した状態になります。

その結果、肌の水分までが少なくなりカサカサや肌トラブルを招きやすい

肌環境を作り出してしまうのです。

逆に、鼻呼吸に切り替えると体の水分が逃げることがなく、肌の保水量をキープできます。

さらに免疫力もアップするため気になる肌トラブルも解消にもなるんですよ。

その3.鼻筋が通りEラインができる

鼻で呼吸をすることにより鼻筋が通り、顔全体を引き締め口元のもたつきがなくなります。

横顔美人の条件のEラインをつくるには鼻呼吸が必須なのです。

その4.内臓筋の強化や血液の浄化

安らぎ

鼻呼吸をすると意識をしなくても腹式呼吸になります。

結果的に横隔膜筋やその他の内臓筋を鍛えることができます。

また、内臓の機能が向上すること血中酸素量が増えるので、

血液の浄化機能が高まり、さらさらのきれいな血液になることが期待できます。

鼻呼吸へ切り替えよう

日本人の7割は口呼吸と言われています。

口呼吸かどうかのチェックリストに当てはまった方は、

今日から毎日意識して鼻呼吸にシフトチェンジしていきましょう♪

①口周りの筋肉を鍛える

よく噛む

誰でもできて一番良いのは、よく噛んで食べることです。

食事をしない人はいませんよね。

よく噛むことで強制的に口周りの筋肉を鍛えることにつながります。

無糖のガムを噛むこともおすすめです。

②肥満を改善していこう

いびき

首の周りに脂肪がたくさんある方は舌が太くなりがちで、

その結果、舌が気道を塞いでしまい、口呼吸からいびきへとつながります。

起きている時も、太ってしまうと口呼吸になりやすく、

口呼吸になるとさらに太りやすい体質になるという悪循環に陥るんです…。

恐ろしいですよね。

また口呼吸することによって常に肉体が異物と戦っている状態にある場合、

ストレス状態となり血糖値上昇や血管収縮などを起こしやすい状態となってしまいます。

③舌の筋肉を鍛えよう

舌トレーニング

舌が上顎に付き、唇を閉じ、鼻で呼吸するのが正常な呼吸法です。

口呼吸の方は舌が上顎に付かず、唇が開いています。

舌が下がって筋肉が衰えている方は、舌の筋肉を鍛えるトレーニングをしましょう。

上下左右に舌を突き出して伸ばし舌の筋肉を鍛えます。

また「アイウエオ」を全力で言って口の筋肉も鍛えるのもおすすめです。

舌の筋肉と口元の筋肉をトレーニングすることによって表情筋も鍛われ

小ジワ対策にもなりますす、笑った時の表情もよくなります♪

④濡れたマスクを着用しよう

睡眠時のマスクの着用も口呼吸を治すために効果的です。

口だけにマスクをかぶせることで鼻呼吸を促してくれます。

濡れマスクでの対策はいつでもできるのでおすすめです。

マスク以外でも口呼吸改善用のテープなどもあるので、

そちらも試してみるのも良いと思います。

正しい呼吸方法で健康、美しく!

健康

呼吸は生きていくうえで欠かせないこと。

毎日当たり前のように行うことで健康・美容面で差が出るのなら、

絶対美しくなれる方がいいですよね!

口呼吸が癖ついてしまっている方やあまり呼吸について気に留めてなかった方は

この機会にぜひ美しくなれる鼻呼吸に切り替えてみてはいかがですか?